旅館勇蔵 公式サイト【山形県肘折温泉】

★こだわりの食材★

淳携帯 371.jpg667.jpg740.jpg
淳携帯 616.jpg682.jpg680(1).JPG淳携帯 341.jpg

img_vol262_04_l[1].jpg

お米

日本の棚田百選の一つ、四ヶ村の棚田で作られている『はえぬき』を使用しております。
粘りが強く、歯ごたえがあり、もっちりとした食感のお米です。
コメの食味ランキングにおいて
「はえぬき」は17年連続で最高位の「特A」を獲得!!

自家栽培の野菜

自家栽培をしております。
雪が溶け出した、5月中旬から種を順々に蒔き8月~11月の間に収穫しております。
 8月 ~ じゃがいも・とうもろこし・枝豆
10月 ~ さつまいも・大根・里芋・南瓜  
収穫した野菜も夕食等に使用しております。

地元産の山菜 

山々の雪が溶け春になると、
ふきのとう、木の芽(アケビの芽)、こごみ、うど、タケノコ、ぼうな、みず、ワラビなどの山菜が順次かおを出します。
肘折は、雪深い所なので早いモノで4月中旬頃から収穫します。
収穫した山菜を調理しお出ししております。

地元産のキノコ

秋になると、なめこや舞茸を求めて温泉街も賑わいを見せます。
11月上旬に肘折名物『なめこ・こけし祭り』が開催されます。
身は大きくツルっとした食感が一度食べたら忘れられないと評判です。
他にも、モダツ、カノカ、ヒラタケなどのキノコ達が山からカオを覗かせます。
そんなキノコをふんだんに使用したキノコ鍋が当館では好評です。

自家製無添加梅干

7月下旬~8月上旬の晴天の日に天日干しをし1年分毎年じっくり時間を掛けて作っております。

山形県産の果物

山形県は多くの果物の産地として有名です。
食後のデザートには旬の果物をご提供しております。